【公然セクハラ】日本維新の会・猪瀬直樹 女性候補の胸を触り「セクハラ」と批判殺到


猪瀬直樹

猪瀬 直樹(いのせ なおき、1946年(昭和21年)11月20日 - )は、日本の作家、政治家。血液型はAB型。妻は女優、画家、映像作家の蜷川有紀。長野県出身。 『ミカドの肖像』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。道路公団民営化推進委員会委員、地方分権改革推進委員会委員、日本文明研究所所長、大阪市特

日本の旗 日本の政治家
猪瀬 直樹
いのせ なおき
Naoki Inose.jpg
2003年当時
生年月日 (1946-11-20) 1946年11月20日(75歳)
出生地 日本の旗 日本 長野県下水内郡飯山町
(現・飯山市)
出身校 信州大学人文学部経済学科
明治大学大学院政治経済学研究科 政治学専攻 博士前期課程
所属政党 (無所属→)
日本維新の会
配偶者 猪瀬ゆり子(1970年 - 2013年,死別)
蜷川有紀(2018年 - )
公式サイト 公式サイト

東京都の旗 第18代 東京都知事
当選回数 1回
在任期間 2012年12月18日[1] - 2013年12月24日
猪瀬直樹
活動期間 1983年 -
ジャンル 文芸
ノンフィクション
批評
主題 天皇・文学・政治・社会
代表作 『ミカドの肖像』(1986年)
『日本国の研究』(1997年)
主な受賞歴 大宅壮一ノンフィクション賞(1987年)
ジャポニスム学会特別賞(1987年)
文藝春秋読者賞(1996年)
デビュー作 『天皇の影法師』
(1983年)
『昭和16年夏の敗戦』
(1983年)
『日本凡人伝』
(1983年)
Portal.svg ウィキポータル 文学


何を考えているのか…公衆の面前でこれは有り得ない