【3年】京都アニメーション放火事件から18日で3年   裁判の行方は…


京都アニメーション放火殺人事件

京都アニメーション放火殺人事件(きょうとアニメーションほうかさつじんじけん)は、2019年(令和元年)7月18日に京都京都市伏見区で発生した放火殺人事件。報道における略称は京アニ事件、京アニ放火など。 アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男が侵入し、ガソリンを撒いて放火したことで、男を含む70人が死傷した。

京都アニメーション放火殺人事件
Kyoto animation arson attack 1 20190721.jpg
全焼した第1スタジオ(2019年7月21日撮影)
場所 日本の旗 日本
京都府京都市伏見区桃山町因幡15番地1
京都アニメーション第1スタジオ
座標 北緯34度55分59.0秒 東経135度47分34.6秒 / 北緯34.933056度 東経135.792944度 / 34.933056; 135.792944座標: 北緯34度55分59.0秒 東経135度47分34.6秒 / 北緯34.933056度 東経135.792944度 / 34.933056; 135.792944
日付 2019年7月18日 (2019-07-18)
10時31分ごろ (JST)
標的 京都アニメーション第1スタジオ
攻撃手段 放火
武器 ガソリン、多目的ライター
死亡者 36人
負傷者 34人(被告人を含む)[注 1]
損害 建物全焼
犯人 男A(刑事裁判で係争中/#被告人も参照)
動機 京都アニメーションに対する憎悪
攻撃側人数 1人(被告人)
対処 京都府警察捜査本部(伏見警察署)が男Aの身柄を確保し、Aは退院後に逮捕・起訴された。


まだ1回も裁判が開かれないのは何故ですか?