【事故】常磐線踏切事故 死亡は母と息子 父「入学控え制服を買いに…」


常磐線

仙台駅」を常磐線として表記している例もある。 本記事では品川駅 - 東京駅間について、常磐線内の方向に合わせて品川行きを「上り」、品川発を「下り」と記述する。 また、通常運転系統上の「常磐線」は、中距離列車(中距離電車)や特急列車などの列車系統のみを指し、取手駅以南の複々線区間を運転する電車系統の常磐

JR logo (east).svg 常磐線
常磐線の主力車両E531系 (2019年3月 松戸駅 - 金町駅間)
常磐線の主力車両E531系
(2019年3月 松戸駅 - 金町駅間)
基本情報
通称 上野東京ライン(日暮里駅 - 取手駅間の急行線[注 1]及び取手駅 - 高萩駅間)[注 2]
常磐快速線(日暮里駅 - 取手駅間の急行線[注 3]
常磐緩行線(綾瀬駅 - 取手駅間の緩行線)
日本の旗 日本
所在地 東京都、千葉県、茨城県、福島県、宮城県
種類 普通鉄道(在来線・幹線)
起点 日暮里駅[1][2]
終点 岩沼駅
駅数 80駅
電報略号 シハセ[3]
路線記号 JJ(日暮里駅[注 4] - 取手駅間の急行線)
JL(綾瀬駅 - 取手駅間の緩行線)
開業 1889年1月16日
所有者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
運営者 東日本旅客鉄道(全線)
日本貨物鉄道(日暮里駅 - 三河島駅間を除く全線)
使用車両 運行車両を参照
路線諸元
路線距離 343.7 km(日暮里駅 - 岩沼駅間)[1]
5.7 km(三河島駅 - 隅田川駅 - 南千住駅間)[1]
1.6 km(三河島駅 - 田端駅間)[1]
軌間 1,067 mm
線路数 複々線(綾瀬駅 - 取手駅間)、複線(日暮里駅 - 綾瀬駅間、取手駅 - 四ツ倉間、広野駅 - 木戸駅間)、単線(左記以外)
電化区間 全線
電化方式 直流1,500 V(日暮里駅 - 取手駅間)
交流20,000 V 50 Hz(藤代駅 - 岩沼駅間)
架空電車線方式
閉塞方式 自動閉塞式(下記以外)
車内信号閉塞式(綾瀬駅 - 取手駅間の緩行線)
特殊自動閉塞式(軌道回路検知式)(夜ノ森駅 - 浪江駅間、新地駅 - 山下駅間)
最高速度 130 km/h
路線図
JR Joban Line linemap.svg


痛ましいです...何があったんでしょうか